ピットマン情報

2018.09.08 ランフラットタイヤのメリットとデメリット

ランフラットタイヤのメリットとデメリット。

 

 

こんにちは!タイヤフェスタピットマンⅯです!

 

前回、ランフラットタイヤについてザックリですが説明しました。

 

今回はもう少し詳しくご紹介します!

 

 

ランフラットタイヤとは【パンクしてもしばらく走れるタイヤ】と前回申し上げました。

 

それによりどんなメリットがあるのでしょう?

 

 

まず、スペアタイヤが不要になります。

 

スペアタイヤを車に載せる必要がないため、廃タイヤによる産業廃棄物の減少に役立ち、環境にやさしい点はメリットと言えるでしょう。

 

 

 

安全面については、パンクしてもハンドルを取られることがないので車を制御出来ること、危険な道路上でのタイヤ交換やパンク修理の必要がないことが挙げられます。

 

 

パンクしても80km/hの速度で約80㎞は走行可能といわれているランフラットタイヤは、安全面だけでなく、環境面においても極めて高い水準にあると言えます。

 

 

 

しかし、そんなランフラットタイヤでも特有のデメリットもあるのです。

 

まずなんといっても、乗り心地の低下が挙げられます。

 

ランフラットタイヤは一般的なタイヤよりサイドウォール(タイヤの側面)が硬く作られている為、タイヤが本来持っているゴムの弾力性が不足します。

 

これにより一般的なタイヤを履いている車よりも硬い走りになります。

 

また、ランフラットタイヤは一般的なタイヤとは構造が異なっており、交換作業にも特殊な機器類、技術が必要なのでタイヤ交換工賃が一般的なタイヤに比べて割高になっています。

 

 

お店によってはランフラットタイヤの交換自体受け入れていないお店もあるほどです。

 

 

 

と、ここまでランフラットタイヤのメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

 

当店は一部を除いた20インチまでのランフラットタイヤの交換も承っております。

 

タイヤ交換の際は、ぜひタイヤフェスタにお越しください!!

 

*********************
タイヤフェスタ株式会社
〒242-0018 大和市深見西2-3-26
TEL 046-244-3500
mail info@tirefesta.com
URL http://tirefesta.com/

神奈川県大和市の直送・持込みタイヤ交換専門店 タイヤフェスタ

横浜・相模原・藤沢・町田・海老名・座間のお客様も多数ご来店中です!!

点検・ご相談もお気軽にどうぞ!!