ブログ

2016.03.12 今日の講義*空気圧のお話♪①|持ち込みタイヤ交換専門店タイヤフェスタ


今日の講義*空気圧のお話♪①|持ち込みタイヤ交換専門店タイヤフェスタ

こんにちは♪
持ち込みタイヤ交換専門店タイヤフェスタ ピットスタッフの小松です✋

今回からタイヤにまつわる豆知識的なお話しをしたいと思います(^_^)/

File NO . 1 空気圧のお話♪

今日の講義*空気圧のお話♪①|持ち込みタイヤ交換専門店タイヤフェスタ

①そもそも空気って??

いつも皆さんが吸っている空気。身の回りにあるほぼ無色透明の気体ですが、空気は以下の様な成分で構成されています。

A.窒素(N2)約78.1%

B.酸素(O2)約20.9%

C.アルゴン(Ar)約0.9%

D.二酸化炭素(CO2)約0.03%

なんですって( ̄。 ̄;)

昔ありましたね、こんな歌♪

『二酸化炭素をはき出してぇ~彼女が呼吸をしているよぉ~っ』

年齢がバレますね(^_^;)

話を戻すと、空気の大部分は窒素なんですね!これって意外でしょ?化学が苦手な小松はてっきり酸素→二酸化炭素→窒素の順かと思ってました(笑)

そう言うわけで皆さんが普段吸っている空気の大半は【窒素】です!

IMG_20160309_140354

②空気圧について

 タイヤに空気をたくさん入れることによって、タイヤ内を高圧状態にします。

※と言っても爆発するほどの高圧ではありませんが・・・

ここで重要な点は、「必要なのは充填する空気の量ではなく、それによって何kpaの圧力にするか!」です。

 タイヤ自体が大きいと(内部容積が大きいと)おなじ空気圧にする場合でもたくさんの空気が必要になります。

 もう1つ大切なことは、充填された空気は車が走ることによって温められるので、それにより圧力が高くなる点です。車が走行する前としばらく走行した後では、空気圧の数値は変わります!

☆ワンポイント豆知識♪

 ★空気圧の調整は車が走行する前(もしくはまだあまり距離を走っていない、タイヤが冷えている状態)に行うのが正しいやり方!(^_^;)

 ★空気圧は車が走行すると高くなるので、高速道路を走るからといってあえて数値を高めに設定する必要は無い!※特に高速道路を高い速度で走るほど空気圧は高くなります。

参考になりましたか?

ハイ、今日の講義はこれにておしまい(^_^;)

ではまた。

 *******************
タイヤフェスタ株式会社
〒242-0018 大和市深見西2-3-26
TEL 046-244-3500
mail info@tirefesta.com
URL http://tirefesta.com/
神奈川県・大和・横浜・海老名・・藤沢・座間・厚木・綾瀬・平塚・町田・寒川・相模原・伊勢原・愛甲郡・愛川・鎌倉・横須賀エリアのタイヤ交換ならタイヤフェスタにお任せください。